精子提供・中部地区における無償 精子提供、LGBT、AB型、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東海、名古屋、都内、東京、千葉、セコンドハート、精子バンク、無精子症、シングルマザー、未婚、独身、AID、非配偶者間人工受精

セコンドハートは、お子様を望む方々に安全な精子を無償で提供する非営利組織です。

ニュース

小さな園の大きな奇跡 子供へのバトンを

 昨日、香港でヒットした映画「小さな園の大きな奇跡」という実話を元にした映画が、近くの映画館で公開されたので観て来ました。
これは、一人の女性が閉園の危機に瀕した幼稚園を立て直す姿を実話をベースに描いたストーリーです。

映画の中では、廃園が決まっている幼稚園を家庭の事情で転園できない子供を救うため、優秀な幼稚園の女性教師が奮闘しています。

 子供には、育つ家庭環境を選べません。但し夢を見ることは自由で公平です、映画の中で子供たちは貧しい中でも将来への夢を語り、希望を持って明るく育っています。大人になってからは、自分の夢を語る機会は少ないが、子供の夢をサポートすることで一緒に夢を見るのかもしれません。

この映画を観て、改めて子供の可能性を感じ、子供を育てる重要性・将来性を感じました。 

 人間は、誰もが老いていきます、そして夢を語る機会も少なくなるでしょう。だが、子供がいれば、その子の夢を一緒に共有し喜びも共有できます。
その為には、将来への夢をつなぐバトンを渡さないといけません。 バトンを渡す為には、その受け取る子供は必要です。

子供授かるチャンスがあるなら、チャレンジする事は意義があり、経済的に厳しくても、子供は立派に育っていきます。

本日、2組の面談を予定しています。 少しでも多くの方々に夢のバトンを渡すお手伝いの役に立てればと思います。

SDT検査10項目 9月中旬実施済

9月の中旬にGME医学検査研究所にてSDT検査 10項目を行い、異常無しでしたので、ご報告致します。

検査項目
・B型肝炎検査    (R-PHA法)
・C型肝炎検査    (PA法)
・HIV抗体検査    (PA法)
・梅毒検査      (TP-PA法)
・クラミジア検査   (リアルタイムPCR法)
・淋病検査      (リアルタイムPCR法)
・トリコモナス検査  (PCR法)
・カンジダ検査    (培養法)
・咽頭クラミジア検査 (リアルタイムPCR法)
・咽頭淋病検査    (リアルタイムPCR法)

上記は、全て陰性で、異常ありません。 

現在提供を受けている方、これから提供を希望する方、安心して妊活にして頂けるように
細心の注意を配慮しております。
面談時には、最新の検査結果書を掲示いたします。

愛知県にお住まいのご夫婦より妊娠の報告

先日、今年の6月頃から提供を開始した愛知県にお住まいのご夫婦より、妊娠のご報告がありました。 2回目の提供で妊娠に至り、暑い夏の時期での提供でしたが無事に妊娠し、ホッとしています。

 以下にお礼のメールから一部抜粋し紹介致します。

「 こんばんは 
  無事に妊娠することができました。 今は、3ケ月目です。本当にありがとうございます。
  このまま何事もなく元気に育つように頑張ります 」

お礼のメールを頂けると、活動を続けるエネルギーが湧いてきます。 

日常生活の忙しい中で、ホームページの更新もできずに遅れがちになりますが、気長に活動しています。

LGBT(FTMのカップル)様よりお問い合わせ

最近、LGBTのFTMカップルの方からの問い合わせが増えて来ています。

 先月と今月で3組のカップルと面談を行いました。現在、提供している方を優先しながら、新しい方にも
随時開始して行きます。 希望している方の地域も、段々と広範囲になって来ており、ご縁を大切に
していきたいと考えています。 

 同性のカップルから問い合わせが増えて来ている背景には、同性婚を認める動きが世界で加速していて
日本においても2015年に東京都渋谷区の「同性パートナーシップ条例」ができるなど、同性カップル
の権利を認める機運は高まって来ています。

 同性カップルの場合は病院での人工授精等を受けれるチャンスが少ない為、妊娠まで時間は掛かります
が、可愛い赤ちゃんを抱けるように頑張って行きたいと思います。

 あるカップルとの面談の中で、なぜボランティアで精子を提供しているのですか? 無償で、そして時間を
使用してまで? と言う質問があり、そこが不安だということも聞かされました。

私には元気な子供がいます。 一緒にお話ししたり、遊んだり、とても幸せで充実しています。

この幸せを・・・もし、子供を望んでいる方に少しでも力になるなら、微力ですが協力したいと思っています。

LGBTの方にも積極的に支援しているので、少しの勇気を出してお問い合わせください。

お待ちしています。

 

PET検査 実施

先日、ガン予防のためPET検査を行いました。 PET検査の設備が整った病院は少なく、名古屋でも申し込みをしてから
2,3カ月待ちになります。 また約10万円と高額で、保険も効かないため、中々受ける方が少ない現状です。

 検査室は、約40畳はある大きな部屋の真ん中に大きなPET検査用の機械が設置してあり、宇宙人に捕らわれたら
こんな感じに生体解剖されるのかなと思わせる雰囲気です(笑)

検査の流れは、
1 ブドウ糖に近い成分の検査薬(FDG)を体内に注射します。
2 約1時間程度安静にして全身にFDGを行き渡らせます。
3 ガン細胞がある場合は、ブドウ糖を他の正常な細胞に比べ取り込むため、FDGが集中します。
4 PETカメラで全身のFDGの分布を撮影し診断します。

1日、3人程度しか検査しないとのことなので、とても院内は静かで、安静に薬剤が行き渡るのを待っている時間は
もし、癌だったら時のことをいろいろ考えてしまいました。

検査結果は、頭頚部・食道・乳房・肝臓・膵臓・胃・大腸・前立腺・リンパ説・賢臓・膀胱 いづれも問題ありませんでした。

面接時にPET検査結果をお見せ致します。

ガンは、健康リスク管理の中でも、重要と感じています。今後も数年に一度は実施したいと思っています。

 

無事に女の子の赤ちゃんが産まれました

以前に提供して妊娠していた方より、無事に出産したとの報告がありました。
一部抜粋して記載します。これから検討している方・迷っている方へ少しでも参考になればと思います。

以下 頂いたメールより

「おひさしぶりです。
妊娠中いろいろ具合が悪く、ご連絡をすることができず申し訳ありませんでした。
3月中旬に無事に3600gの元気な女の子を産むことができました(>_<) 予定日より10日遅れで、ギリギリまで搬送の危機にある中、なんとか正常分娩での出産となりました。 生まれて頭が出て ふみゃっと泣いたわが子の声や、今胸にある温かさや、今命の重さを実感しています。 娘が、元気に育ってくれたらと願っています。 娘に出会えたのはsecondハートさんのおかげです。 かけがえのない、私の家族を、本当にありがとうございました。 落ち着きましたら、お時間のある時に娘の顔を見ていただきたいと思っております。 まずは本当にありがとうございました。」 やはり無事の出産のご連絡を頂けると嬉しいです。  もうすぐ入学式や新学期が始まります。自分の子供の入学式に出るためには踏み出す勇気も必要だと 思います。 陰ながら、サポートしますので提供を希望する方はご連絡下さい。 最近は、遠い地域の方よりもお問い合わせを頂いております。  年齢は待ってはくれません、後悔する前にチャレンジしてみてはどうでしょう。 きっと自分の子供は、唯一の自分の味方であり分身です。 次世代に自分のバトンを!

平成28年3月にSTD検査 10項目実施(定期検査) 異常なし

今月の初旬にGME医学検査研究所にてSDT検査 10項目を行い、異常無しでしたので、ご報告致します。

検査項目
・B型肝炎検査
・C型肝炎検査
・HIV抗体検査
・梅毒検査
・クラミジア検査
・淋病検査
・トリコモナス検査
・カンジダ検査
・咽頭クラミジア検査
・咽頭淋病検査

上記すべて陰性でした。 面談の際に、最新の検査結果原本を提示致します。 
現在、提供に余裕が出たため、ご希望する方は連絡下さい。 東京にも月一程度で訪問しています。

妊婦のジカ熱感染と小頭症について

しばらく仕事が忙しく、HPのニュースを更新出来ずにいました。  

お問い合わせは、愛知県に関わらず遠方からも頂き、今年も微力ながらお力になれればと思い時間の許す限り
提供していきたいと思っています。
 ところで最近、ジカ熱感染という言葉がニュースでも取り上げられ、話題になっています。国内にいる限りでは
ピンと来ませんが、海外旅行に行く際に妊婦は注意が必要なため、参考になりそうな文書を下記に掲載します。

「妊婦のジカ熱感染と小頭症の発生のおそれについて」 日本産婦人科医会からの情報提供

平成 28 年 1 月 21 日、厚生労働省より妊婦のジカ熱感染と小頭症の関連性について の発表があり、
妊婦の流行地(南米、中米―具体的な国名は下記の HP 情報を参照)へ の渡航を控えるよう注意喚起が出されました。
ジカ熱は、同ウイルスに感染した蚊からヒトへ感染し、3-12 日の潜伏期をもって、 軽度の発熱(38.5 度以下の発熱)、
頭痛、関節、筋肉痛、斑丘疹等の症状をもって発症 する感染症です。南米、中米で現在流行しています。

頻度や詳細な関連性はまだ調査中ではあるものの、妊娠中の感染による児の小頭症の 発生が疑われており、
妊婦、また妊娠を計画している人の感染地域への渡航は可能な限 り控えることが望ましいと考えられます。
感染地域への渡航の必要性のある方々には、蚊にさされないような対策をとるととも に、前述の潜伏期を経たのち
疑わしい症状のある場合は、速やかに医療機関を受診され ることをおすすめします。
■参考:ジカ熱に関する情報提供について(厚生労働省) http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109908.html

AIDを実施したあるご夫婦の手記より

先日、AIDを実施し、苦難の末に子供を授かり、その後の心境を綴った素敵な手記を見つけましたので、ご紹介したいと思います。 
このご夫婦は、当会が提供したご夫婦ではありませんが、AIDを実施した後の気持ちは一緒だと思いました。少しでも参考になればと思います。

「あるご夫婦の手記より」

AID実施後、今は順調にすくすくと育っています。
主人は、もともと子供好きではあったけど、もう溺愛状態。
私も子育ては大変と腹をくくっていたけれど
赤ちゃんは、かなりやんちゃですが
割と手がかからない子のようで助かっています。

産まれてきた後の両親の態度は
従兄弟に対するそれと全く変わらないように思います。
はっきり言って、メロメロのデロデロです。
私はそれほどそれを心配していなかったのだけど
主人は、実は気にしていたようで
3連休に帰省した際に”本当に可愛がってくれて、ホッとしたし、うれしい”
とぽつりと言っており、その何気ない言い方とタイミングに
主人の今までの心配の深さを垣間見た気がしてハッとしました。

今現在、本人に告知する決断は変わりません。
でも万が一に備えて、まずは遺伝子検査(本当に主人の遺伝を継いでないのか)を
受けてからにしたほうが良いのではと今は考えています。

あと、、やはり我が子は本当に可愛い。
可愛いが故に、罪深いことに
この子に兄妹を作ってあげたいと思ってしまうのです。
主人は、初め”まだ何とも言えない”と態度保留にしてましたが
両親の態度を見て胸のつかえがとれたのか
”考えてもいい”と言い始めてくれました。
私の両親も”兄妹を授かるための治療の時は協力するから”と
最近言ってくれているので、おいおいまた治療をはじめようと思います。
ただ今度は育児との両立だし年齢のこともあるので
リミットを決めてのトライになると思います。

最後に、宮崎駿さんが引退会見で
”子供たちがこの世は生きるのに値するということを
 伝えるために映画を作ってきた”
とおっしゃってましたが
私達の育児もまたそのとおり、と思います。
Dで授かったということは、私達が意図的に
この世の中に作り出した、赤ちゃん。
赤ちゃんが、成長して自分の出生に悩んだ時に
”でもこの世の中は生きるに値する場所なんだ”
と思ってくれるように
一緒に色んなものを見て、体験し、考えて
育てていきたいと思っています。

寝ながら時々声を上げて笑っている赤ちゃんをみて
”また明日も笑って眠れる一日が過ごせますように”と
思う時、本当に悲しくなるほど幸せを感じます。

以上です。 

ところで、前回メールの返信ができなかったNさんと連絡が取れ、昨日面談をしました。
今月下旬からの提供開始となりました。 遠方からのご訪問のため、大変だと思いますが、
一緒に頑張っていきたいと思います。

N様 メールが返信できません、設定をご確認下さい。

先日申し込みをしてくれたN様、メールを返信しましたが受け取れないメッセージが帰って来ました。

セキュリティをしている場合は、second7heart@yahoo.co.jpの受信可能設定をして下さい。

また、以前にメールをして返信が帰って来ないとお思いの方も、受信設定を見直して下さい。
こちらからは、返信しても、メールを受け取れないでいる場合が、ございます。

お問い合わせお待ちしています。