精子提供・中部地区における無償 精子提供、LGBT、AB型、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東海、名古屋、都内、東京、千葉、セコンドハート、精子バンク、無精子症、シングルマザー、未婚、独身、AID、非配偶者間人工受精

セコンドハートは、お子様を望む方々に安全な精子を無償で提供する非営利組織です。

ニュース

愛知県にお住まいのご夫婦から出産のご報告

 今月の上旬に男の子を無事に出産されたと嬉しいご報告を愛知県にお住まいのご夫婦より頂きました。
昨年、名古屋で面接を行い、一緒に頑張って来た成果が出て嬉しく思っています。
出産に伴い、幸せに満ちたメールが届きましたので、ご紹介致します。

「こんばんは。
ご報告させていただきます。
遅くなりましたが、、
12月の上旬に約2800gの元気な男の子を無事に
出産いたしました。
母子共に出産を終えたことに今は
ホッとしています(^_^*)

今は慣れない子育てにバタバタしているのと
少し寝不足で疲れていますが、可愛い我が子を見ると疲れも忘れるぐらいです!!
本当に可愛くて仕方ありません(^-^)

これからが大変だと思いますが旦那さんと協力し合って色々なことを乗り越えていこうと思います!!
家族が増えたこと、無事に私達の所に産まれてきてくれたこと、たくさんの奇跡が起きての今なのでとても幸せに思います。

セコンドハートさんには本当に本当に感謝してもしきれません。
ありがとうございました。」

いつも、妊娠してから出産の報告を頂くまでは、大丈夫かなと心配していますが、幸せの一杯のメールを頂けるとほっとします。
提供に迷っているご夫婦の参考になればと思います。

聖路加国際病院 名誉医院長 日野原さん 105歳を偲ぶ

今月の17日の夜に105歳の生涯を終え、安らかに日野原さんは旅立ちました。

私は、高齢の方々の意見には、学ぶべきことがとても多く、特に100歳を超えた方の意見は
人生の何倍もの経験をして、死を意識しているからこそ、重みがあります。

日野原さんの名言は幾つかありますが、その中でも特に共感するものがあります。

「 命とは、その人が持っている時間のこと 」

命はなぜ目に見えないか? それは命とは君たちが持っている時間だからなんだよ。死んでしまったら自分で使える時間も無くなってしまう。

どうか一度しかない自分の時間、命をどのように使うかしっかり考えながら生きていって欲しい。 さらに言えば、その命を今度は自分以外の何かの為に使うことを学んで欲しい。

「なんと言っても、人が人に与える最高のものは、心である。他者の為に思いと行動に費やした時間、人とともにどれだけの時間を分け合ったかによって、真の人間としての証がなされる。」

若造が言えば、生意気に聞こえる言葉も、100歳を超え、数々の実績や功労をされた方の言葉だと素直に入って来ます。

このサイトで、日野原さんを紹介したのは、ここでいう命とは、卵子の寿命とも置き換えることができると個人的には思っています、つまり卵子の寿命とは、その人が持っている時間のこと。

次世代にバトンを繋げられるのであれば、ベストを尽くすということ。 やって駄目なら後悔も無いが、やならいで寿命が来たら後悔しか残らない。

今月から、シングルの方とご夫婦の方と面談を行い、提供を開始しました。  早く良い結果をお伝えできればと思っています。

新規ご夫婦提供希望者の面談

週末に新規ご夫婦の提供希望者の面談を行いました。

とても素敵なご夫婦で、半年前に一度問い合わせがあり、そこからいろいろ検討した結果、
今回の面談となりました。

面談の当日も、ご夫婦で緊張していますとの事でしたが、終始和やかな中でお話は進みました。

こちらの性病検査結果の過去2年分や血液型検査、大学の卒業証明書などを提示し確認されていました。

半年間、いろいろ悩んだ事もあり、ご夫婦でAIDを進める気持ちは固まっていました。
病院も検討した見たいですが、治療を受けるまでの待機の長さや費用等の面でも敬遠したとの事です。

質問の中に「2人目も提供可能ですか?」 との問い合わせに、要望があれば協力いたしますと回答しました。
実際、1人目を産んだ方から、幾つか同じような質問があります。
可能な限り、協力をしていきたいと考えています。

明日から、早速ですが今回面談したご夫婦への提供が開始されます。 
年内には、妊娠するように頑張って、サポートしていきたいと思っています。

追伸 : 以前に妊娠されたご夫婦より途中経過のご報告があり、検診した結果、「元気に動いているのが
確認でき、日に日に大きくなっていく赤ちゃんを見るとすごく幸せな気持ちになる」とのメールを頂きました。
文書から、とっても幸せオーラが伝わって来ました。  
元気な赤ちゃんが産まれて来るのを、見守って待っていたいと思います。

SDT検査4月末に実施( 咽頭部も実施済 )

4月の下旬にGME医学検査研究所にてSDT検査 10項目を行い、異常無しでしたので、ご報告致します。

検査項目
・B型肝炎検査    (R-PHA法)
・C型肝炎検査    (PA法)
・HIV抗体検査    (PA法)
・梅毒検査      (TP-PA法)
・クラミジア検査   (リアルタイムPCR法)
・淋病検査      (リアルタイムPCR法)
・トリコモナス検査  (PCR法)
・カンジダ検査    (培養法)
・咽頭クラミジア検査 (リアルタイムPCR法)
・咽頭淋病検査    (リアルタイムPCR法)

上記は、全て陰性で、異常ありません。 

現在提供を受けている方、これから提供を希望する方、安心して妊活にして頂けるように
細心の注意を配慮しております。
面談時には、最新の検査結果書を掲示いたします。

2つの嬉しいニュースがあります

一つ目は、先日提供して妊娠していたご夫婦より、無事に元気な女の子を出産した報告がありました。

以下は、そのメールからの一部抜粋を記載します。

「 無事元気な女の子を出産しました。平均よりも大きな子でしたが、難産になることなく母子共に元気です。
産まれてきた瞬間には可愛くて可愛くて感動して泣きそうになりました。
 主人も立会したのですが、30枚位写真を撮っていました。私も家族も主人の家族も、この子に夢中に
なっています。 これから3人で新しい道を一緒に歩んでいきます。 
セコンドハートさんのおかげです、ありがとうございました。」

とても、出産した嬉しさが伝わってきます。元気に育って欲しいと願っています。

二つ目は、半年ほど提供していたFTMご夫婦より、妊娠したとの報告がありました。

以下は、そのメールから一部を記載します。

「今日検診に行ってきました。無事に心拍確認出来て母子手帳を貰ってくださいとの事でした。
現在の所、順調みたいで、心配していた切迫流産も数日様子を見て調子良ければ普通の生活に戻って
いいそうです。
 まだまだ油断はできないですが、とりあえず安心しております。」

妊活にご夫婦で頑張っていらっしゃたので、妊娠して本当に良かったです。
安定期に入るまでは、安静にして頂き、元気な赤ちゃんを産んで欲しいと思いました。

新聞報道について

先日、精子提供についての記事が新聞に掲載され、取材の申し込みや問い合わせが幾つかありました。
数年前にもNHKで精子提供の特集があり、同じような事が思い出されます。

私は、取材には一切お答えしていません。

そこには、番組の視聴率UPが必要な為、興味本位に放送されるから・・・

私は、知っています。本当に必要としている人達の気持ちを。

私は、面談を重視し、本当に子供を望んでいるか、その真剣さや将来をお聞きし力になれるかを判断します。

だからブレません、本当に必要とされている方々が望んでいる間は、細々と提供を続けようと思っています。

先日も、1歳の誕生日を元気に迎えられた娘さんの写真が送られてきました。

1枚の写真ですが、そこには愛が一杯に溢れていて、何と言われようとも無敵な感じがしました。

今は、元気で健やかに育つことを願ってます。

災害派遣医療チーム(DMAT)に感銘と敬意

先週、名古屋国際展示場で開催された災害時における医療に関する学会に参加してきました。

展示場の出展では、日本赤十字社や国土交通省 防災対策課、各医療機器メーカーなどの災害時における医療現場対策や提案がされていましたが、私が気になったのは、今回表題にもした災害派遣医療チームです。 以下は、その概略です。

 災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。
医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。
 過去の大きな震災であった阪神・淡路大震災について、初期医療体制の遅れが考えられ、平時の救急医療レベルの医療が提供されていれば、救命できたと考えられる「避けられた災害死」が500名存在した可能性があったと後に報告されています。
この阪神・淡路大震災で災害医療について多くの課題が浮き彫りとなり、この教訓を生かし、各行政機関、消防、警察、自衛隊と連携しながら救助活動と並行し、医師が災害現場で医療を行う必要性が認識されるようになりました。
 “一人でも多くの命を助けよう”  
※平成13年度厚生科学特別研究報告書「日本における災害時派遣医療チーム(DMAT)の標準化に関する研究」報告書より
厚生労働省により、災害派遣医療チーム、日本DMATが平成17年4月に発足しました。

いろいろな出展がある中で、DMATの活動が印象に残りました。中でも災害発生時に直ぐに現場に出動しますが、現場は余震などが続き、安全が確保されない中での出動及び活動には「人々の命を少しでも多く救う」という使命が感じられ、光っていました。 また、DMAT隊員は、赤い専用ベストを着用しており、かっこ良かったです。 

 自分も、与えられた権限の中で、少しでも人々の役に立つには、どうすれば良いかを考えてみたいと思います。

小さな園の大きな奇跡 子供へのバトンを

 昨日、香港でヒットした映画「小さな園の大きな奇跡」という実話を元にした映画が、近くの映画館で公開されたので観て来ました。
これは、一人の女性が閉園の危機に瀕した幼稚園を立て直す姿を実話をベースに描いたストーリーです。

映画の中では、廃園が決まっている幼稚園を家庭の事情で転園できない子供を救うため、優秀な幼稚園の女性教師が奮闘しています。

 子供には、育つ家庭環境を選べません。但し夢を見ることは自由で公平です、映画の中で子供たちは貧しい中でも将来への夢を語り、希望を持って明るく育っています。大人になってからは、自分の夢を語る機会は少ないが、子供の夢をサポートすることで一緒に夢を見るのかもしれません。

この映画を観て、改めて子供の可能性を感じ、子供を育てる重要性・将来性を感じました。 

 人間は、誰もが老いていきます、そして夢を語る機会も少なくなるでしょう。だが、子供がいれば、その子の夢を一緒に共有し喜びも共有できます。
その為には、将来への夢をつなぐバトンを渡さないといけません。 バトンを渡す為には、その受け取る子供は必要です。

子供授かるチャンスがあるなら、チャレンジする事は意義があり、経済的に厳しくても、子供は立派に育っていきます。

本日、2組の面談を予定しています。 少しでも多くの方々に夢のバトンを渡すお手伝いの役に立てればと思います。

SDT検査10項目 9月中旬実施済

9月の中旬にGME医学検査研究所にてSDT検査 10項目を行い、異常無しでしたので、ご報告致します。

検査項目
・B型肝炎検査    (R-PHA法)
・C型肝炎検査    (PA法)
・HIV抗体検査    (PA法)
・梅毒検査      (TP-PA法)
・クラミジア検査   (リアルタイムPCR法)
・淋病検査      (リアルタイムPCR法)
・トリコモナス検査  (PCR法)
・カンジダ検査    (培養法)
・咽頭クラミジア検査 (リアルタイムPCR法)
・咽頭淋病検査    (リアルタイムPCR法)

上記は、全て陰性で、異常ありません。 

現在提供を受けている方、これから提供を希望する方、安心して妊活にして頂けるように
細心の注意を配慮しております。
面談時には、最新の検査結果書を掲示いたします。

愛知県にお住まいのご夫婦より妊娠の報告

先日、今年の6月頃から提供を開始した愛知県にお住まいのご夫婦より、妊娠のご報告がありました。 2回目の提供で妊娠に至り、暑い夏の時期での提供でしたが無事に妊娠し、ホッとしています。

 以下にお礼のメールから一部抜粋し紹介致します。

「 こんばんは 
  無事に妊娠することができました。 今は、3ケ月目です。本当にありがとうございます。
  このまま何事もなく元気に育つように頑張ります 」

お礼のメールを頂けると、活動を続けるエネルギーが湧いてきます。 

日常生活の忙しい中で、ホームページの更新もできずに遅れがちになりますが、気長に活動しています。