精子提供・中部地区における無償 精子提供、LGBT、AB型、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、東海、名古屋、都内、東京、千葉、セコンドハート、精子バンク、無精子症、シングルマザー、未婚、独身、AID、非配偶者間人工受精

セコンドハートは、お子様を望む方々に安全な精子を無償で提供する非営利組織です。

災害派遣医療チーム(DMAT)に感銘と敬意

災害派遣医療チーム(DMAT)に感銘と敬意

先週、名古屋国際展示場で開催された災害時における医療に関する学会に参加してきました。

展示場の出展では、日本赤十字社や国土交通省 防災対策課、各医療機器メーカーなどの災害時における医療現場対策や提案がされていましたが、私が気になったのは、今回表題にもした災害派遣医療チームです。 以下は、その概略です。

 災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。
医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。
 過去の大きな震災であった阪神・淡路大震災について、初期医療体制の遅れが考えられ、平時の救急医療レベルの医療が提供されていれば、救命できたと考えられる「避けられた災害死」が500名存在した可能性があったと後に報告されています。
この阪神・淡路大震災で災害医療について多くの課題が浮き彫りとなり、この教訓を生かし、各行政機関、消防、警察、自衛隊と連携しながら救助活動と並行し、医師が災害現場で医療を行う必要性が認識されるようになりました。
 “一人でも多くの命を助けよう”  
※平成13年度厚生科学特別研究報告書「日本における災害時派遣医療チーム(DMAT)の標準化に関する研究」報告書より
厚生労働省により、災害派遣医療チーム、日本DMATが平成17年4月に発足しました。

いろいろな出展がある中で、DMATの活動が印象に残りました。中でも災害発生時に直ぐに現場に出動しますが、現場は余震などが続き、安全が確保されない中での出動及び活動には「人々の命を少しでも多く救う」という使命が感じられ、光っていました。 また、DMAT隊員は、赤い専用ベストを着用しており、かっこ良かったです。 

 自分も、与えられた権限の中で、少しでも人々の役に立つには、どうすれば良いかを考えてみたいと思います。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です